​クラウドキッチンとは?

 一般的に、店舗を持たないデリバリー特化型の飲食店で、キッチンを複数の業態やブランドでシェア!MARS LABはあなたの「やりたい!」を叶えます!

マーズラボのロゴです

MARS LABはハイブリッドレストラン!

​ クラウドキッチンで製造された食品を、Webでご注文を受け、配送は専門事業者に委託することで、利用者は自宅にいながらレストラン品質の食事が可能となります。また、近隣地域だけではなく、常温レトルトでも提供可能となります。

MARS LABが目指すMISSION!

1)​初期費用、家賃、光熱費を無料化(*各種条件あり)

2)集客はMARS LABが行う。

3)シェフの常駐、出勤不要。

4)最新の常温レトルト製造機と缶詰製造機を完備(*小ロットの製造・販売可能)

5)当店専属シェフが調理代行可。

6)高利益率の実現。

7)都市部、海外への提供も可能。

​常温レトルトパウチや缶詰は以下の様なメリットや活用方法があります!

・賞味期限が長く、常温保管が可能です。

・物流コストの削減ができます。

・食材を選ばず加工する事ができます。

​・保存食として備蓄できます。

・調理方法が簡単です。

​・製造ロスが減らせます。

・介護食、アウトドア用商品として活用できます。

・日本食を海外で展開できます。

​・委託製造と販売で幅広いビジネスに展開可能です。

一次産業
アウトドア
災害食に対応します
商品開発
もんげーカレー販促用(最終版).jpg

掲載メディア 

<紙面、雑誌、Web>

・山陽新聞(朝刊):2020年12月03日

Living 岡山 byさりお:(Web)2020年12月25日

・週刊 VISION OKAYAMA:2021.01.18号(No.2124)7ページ目

経済リポート:2021.2.1(No.1724号)9ページ目

・さりお(SALIO):(Web)2021.03.26(58号)

岡山経済新聞:2021.07.28

テレビ放送 >

・News Park KSB:2021.3.5(金)夕方6:15~7:00の間、KSB 5ch

経済リポート
VISION雑誌表紙